料金の渡し方にも注意が必要です

"大人の男性でしたら、一度くらいは何かしらの風俗を利用されたことがあるでしょう。
男性にとって欠かすことの出来ない風俗は、ここ最近になって非常に需要が多くなってきているのです。
デリヘルでの料金の支払い方法としましては、これはデリヘルのお店によりまして少々異なっています。
代表的な方法は『女性に渡す』や『付き添いのスタッフ(ドライバー)に渡す』などが挙げられます。

 

デリヘル業者の中に『プレイ前に口座に振込む』などの支払い方法を言ってくることがありますが、それは絶対にあり得ないことです。
そんなデリヘルの利用は避けるべきです。もしも実際にデリヘルで遊んでみようと考えているのでしたら、あなたの条件を最初に決めておきましょう。
『デリヘルを呼ぶ地域』『予算』『女性のタイプ』などを予約をする前に自分なりに決めておいてください。"



料金の渡し方にも注意が必要ですブログ:2021年03月29日

前、
フリーで仕事をしているぼくのところに、
大きな仕事の話が舞い込みました。

引き受ければ、
今の収入が倍ほどになるような仕事です。

だけどぼくは一日悩み込んでしまいました。

「家内と子供のために、もっと収入を増やすために、
大きなチャンスだから引き受けるべきだ!」

「今、自分がやりたい仕事ではないし、
引き受けたら本当にやりたい事が出来なくなるぞ!」

心の中に二人のぼくが居て、
身動き取れなくなってしまったんです。

家族の生活のために、
何よりも優先される「仕事」なのだったら、
もちろん引き受けて、収入を増やす事が正解です。

だけど、引き受けたら
今本当にしたい仕事が削られてしまう…

ぼく一人では答えが出せず、
思い切って家内に相談しました。

長い時間、話し合いが続きましたが
家内も答えが出せずにいました。

もちろん家内にとっては、
収入は何よりも大切なものでしょう。

だけど家内の心の中にも、
「夫にやりたい仕事をやらせてあげたい」
という気持ちとの葛藤があったのです。

そんな家内の気持ちを知ったとき、
ぼくは「はっ」と気付きました!

今までぼくは、
自分や家族のために
「仕事」を優先してきたつもりですが、
本当はそうじゃなかったんだと…

いつもぼくは、
自分がやりたいことを選択していただけだったのです。

それを家内や子供に、
解ってもらいたいがために
「仕事」という言葉を使っていたんですね。

自分がやりたいことをやっていることに、
どこか後ろめたさも感じていたのでしょう。

そんな自分に気付いたぼくは、
大きな仕事を断って、
やりたい仕事を優先することにしました。